目元にハリを出してくれるフラーレンがすごいんだって!

投稿日:

ノーベル化学賞を受賞している美容成分といえばフラーレンです。
フラーレンはそこ名前こそおしゃれな感じがしてしまいますが、その実「炭素」だって知ってましたか?
ではこの「炭素」の力がどうして美容ひいてはアンチエイジングに効果的なのでしょうか?

フラーレンは抗酸化能力が高いんです

このフラーレン、炭素の分子が60個重なってできており、サッカーボールのような形状をしています。
このフラーレンには高い抗酸化力があり、お肌の老化防止に役立ってくれるのです。
その効果はビタミンCの176倍とも言われています。

シミやシワといたものの原因の一つが肌老化です。
肌は活性酸素を吸収していくことによって、酸化しだんだんと衰えていきます。

この活性酸素を無害化してくれるのが抗酸化力で、フラーレンには他の抗酸化力を持つ成分とは違った働きをし今注目を集めている美容成分と言えるのです。
またフラーレンにはコラーゲンの生成作用もあることがわかっていますので、美容保湿効果も期待できるのです。

フラーレンは他の美容成分とどう違うの?

高い抗酸化力を持つ美容成分としてあげられるのが、ビタミンCやコエンザイムQ10、アスタキサンチンなどが挙げられます。
これらの美容成分も抗酸化力を持つのですが、その成分自体が直接酸化されることにより肌の酸化を防いでくれます。
しかし、フラーレンの場合はちょっと異なっており、活性酸素を吸着することでお肌の酸化を防いでくれます。

前出の成分が雑巾のように直接拭き取り自身がその汚れを纏うことで床をキレイにすると考えると、フラーレンはいわば掃除機のように汚れを吸い込みキレイにしてくれるというわけです。
しかも、安定性が高いため持続力が長いんです。

他の美容成分の場合、一度、抗酸化物を取り除くと効果はそこで終わります。
しかしフラーレンの場合はサッカーボール状の多面体の構造であるため、何度も活性酸素を吸着させることができ一度フラーレンを塗ったところの効果が11時間以上持続すると言われています。
つまり化粧品として使った場合、何度も塗り直す必要性がないとも言えるのです。
これはとてもありがたいことですよね。

フラーレンには種類があります

さてそんなフラーレンですが、脂溶性フラーレン(リポフラーレン)と水溶性フラーレン(ラジカルスポンジ)があります。
リポフラーレンでは、より高い浸透性がありますがその分用途が限定されてしまいます。
ラジカルスポンジには、より長い抗酸化力があり親和性が高いため幅広い化粧品に用いられ高濃度で配合ができるという特徴があります。
どちらが良いとは一概には言えませんが、扱いやすさと言う点ではラジカルスポンジに分があるような印象を受けます。

このように高い美容効果と抗酸化性が期待できるフラーレンですが、濃度が1%以上配合されている化粧品には下記のようなフラーレンマークが記されます。

このフラーレンを目元に塗布してあげると、その抗酸化力からエイジングケアができます。
また、潤いを与えながら引き締め効果も期待できちゃいます。

アイクリームとして高い評価を受けているPG2アイトリートメントでは、ラジカルスポンジを1%以上の高濃度で配合し目元のエイジングケアに高い効果が期待できます。
同時にプロテオグリカンも配合されていますから、保湿性も十分で目元の小ジワやシミ、たるみの改善に大きな効果が期待できます。
目元のエイジングケアにフラーレン配合のPG2アイトリートメントを取り入れてみてはいかがでしょうか?

PG2アイトリートメントTOPに戻る

 

-成分

Copyright© PG2アイトリートメントの口コミを見て目元のアンチエイジング体験してみた! , 2018 All Rights Reserved.